金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

上方銀花のこと:矢澤美子

上方銀花は27年の歴史を持つ工芸のお店です。
「日本の持つすばらしい文化。本物の作品を持つ美しさと強さに人は慰められ、励まされ、そして勇気づけられる」という理念に立ち、日本の物作りを紹介して来られました。売れるものならなんでもと低きに流れがちなこの世界にあって、芯のぶれないお仕事を貫くことができる強さはいったいどこから来るののでしょうか。

上方銀花はお父さんがいて、お母さんがいて娘さんがいて、スタッフの方がいて連係プレー抜群のチーム力を誇る、とても元気なお店です。お客様が来ると大阪弁で冗談が飛び交い、笑い声の火柱がドーン、ドーンと上がります。きまじめなほど真剣勝負の物作りの紹介という仕事と、和気あいあいとしたサロンが両立することに上方ファミリーの精神性の高さと人間的幅が感じられます。上方銀花が選ぶものに対するお客様の信頼が根付いているからでしょうか。

上方銀花と矢澤のお付き合いは古いです。まだ駆け出しの頃に矢澤の家具を買って下さったお客様のお子様が今度は新しいお客様になって下さるという現象も現れ始め、ありがたいことと勇気づけられる思いがします。

11月23日より上方銀花におきまして「矢澤金太郎・良平 木工家具展」を行います。
どうぞご高覧いただきたくご案内申し上げます。詳しくは当ホームページのトップページをご覧下さいませ。
hiiragi.jpg
工房の展示館前にどんと育つフランスひいらぎの実が赤くなってきました。クリスマスが近づいていることを知らせてくれています。
  1. 2012/11/18(日) 15:42:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私の大切な場所:矢澤美子

我が家で私の一番お気に入りの場所は写真のところです。
家具は「小物整理箪笥」と名付け、とても重宝に使っています。
これがなくなったら、あれこれ細々したものが散逸して、整理不能状態に陥り
とても困ったことになるでしょう。
この箪笥を私がもらったのは30年近く前。
引き出しがいっぱいついているので手がかかっている上に
組み手は「笹組」と名付けたオリジナル組み手です。
値段が高くなりすぎて買い手がつかず
たたき売りする気にもなれず私のところに来ました。
これがこの箪笥と私の運命だったのでしょう。

今年は彼岸花が立派に咲き、彼岸を過ぎた今日になってもしゃきっと美しいです。
私の大切な場所・・・。komonoseiridansu2.jpgkomonoseiridansu1.jpg

  1. 2012/10/02(火) 10:37:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪での「一門展」参加募集

ご存じの方もいると思いますが、来年9月に大阪の有名百貨店の大​ホールで一門展をさせて頂けそうです。その参加者を現在募ってい​ます。参加条件は

1.美術画廊主催なので、美術的魅力を備えた作品であること。
2.1人約10坪(通路込)のブースを埋めるだけの作品が揃えられること。
3.会期中全日立ち会える人

参加希望者は9月末までに矢澤へメールを下さい。詳細をお知らせ​します。
なお、私含め現在10名の参加が内定しています。
メールはky@kintarosan.com
  1. 2012/09/05(水) 19:46:14|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なつかしきウシガエル

見苦しい顔で恐縮です・・・
このカエルの祖先と思われますが、昔、我が家の土間の台所に住んでいまして
しょっちゅう踏みそうになって邪魔だったのですが、家を床付きの台所に換えたとたんに居なくなってしまい
もう帰ってこないのかと諦めていましたが、
どうしたことか、数日前から肌のつやつやした若いカエルが、玄関前に居座って動きません・・・

いよいよお迎えが来たかと心配したりして・・・

どうもカエルの事情は分かりませんが、
木が生い茂ったので日陰を求めてやってきたのかも知れません
なにしろこのところ暑いですからね・・・

この牛ガエル、調べたら、ねずみとかコウモリとか取って食べてるとかfrog.jpg
・・信じられないです
  1. 2012/08/20(月) 14:31:06|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共感する昔のテーブルに出会った:矢澤美子

7月にスロベニアとクロアチアに行ってきた。
月収は日本よりだいぶん少ないらしいが、通りすがりにみる家々は広く美しく
日本より実質豊かな感じがした。

スロベニアのブレッド城というこぢんまりしたお城に行った。
そこに飾ってあったのが写真のテーブル。
ベルサイユ宮殿を代表されるように、陳列を許される家具は
装飾の粋を集めたようなものばかりである。
ところがこのテーブルは300年前のものなのだけれど
節ありの庶民の家具。
どういう経緯でこの場所に陳列されることになったのか想像力をかき立てられた。

うちで作る家具も庶民の家具であるが
いつの日か何点かは100年単位の時を超えて人の手に触れることもあるかもしれない。
近づいてきた阪神梅田本店での展示会の準備に励みながら、
この世に送り出す家具たちの運命を、よきものであれかしと願わずにいられない。
oldtable.jpg
  1. 2012/08/16(木) 10:04:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨はもういいのに:矢澤美子

こちらは梅雨まっただ中です。
日本にとって大切な梅雨だけど、こうも雨ばかりだと、体もなんとなくじめじめしていそうな感じがします。
前線もだんだんに北に上っていってくれるといいな。

雨の中、ヤマボウシがきれいなのがせめてもの心の慰みです。
ヤマボウシは私の好きな花ベスト5に入ります。
うちにはヤマボウシが2本あって
中庭のは5月初め頃咲きます。
そして寝室の窓のそばのヤマボウシは今が盛りです。
時間差があるのがうれしいです。

仕事の方は名古屋の松坂屋展に向けて追い込みです。
展示会は7月4日(水)~24日(火)です。
詳しくは追ってトップページでお知らせします。
お近くの方はお出かけくださいませ。山法師

  1. 2012/06/26(火) 11:44:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杉がすごいことになってるよ~:矢澤美子

国内あちこちの例外に漏れず、私たちの住む地域も杉山がたくさんある。
それは長い間切り出されることもなく放置され、杉花粉の害をまき散らしてきた。

ところが昨年末位から近所の山から杉が切り出され始めた。
家の近くに土場が作られ、一日何回もトラックが杉を運んでくる。
ガタンガタンと機械の音と丸太が転ぶような音が聞こえてくる。
日常音がほとんどしないこの村が活気にあふれている。
はげ山がいくつかできた。

いったいこの材木はどこに行くのだろう・・・
東北の家の建築に使われるのだろうか・・・と思ってきたが、
今日聞いたら外国に行くのだという。
人件費の高い日本の材を使う国なんてあるんだろうか。
中国なんだろうか。
詳しい事は話してもらえないけれど、
不景気のこの世の中、元気のあるところもあって、それはそれでよろこばしい。

ここで生まれた利潤が世の中に回り回っていきますように。

CEDER.jpg
  1. 2012/05/19(土) 10:39:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

軽いっす(軽椅子)誕生!

私の作る椅子にはいくつかの決め事がある。

1.子供がつまずいて頭をぶつけても怪我をしないように、角を丸めること。

2.子供が椅子から椅子へ飛び移っても、転倒しないこと。

3.座面の端に乗っても転倒しないこと。

4.掃除がしやすいように足に貫(横棒)がないこと。

5.長時間座っていても疲れないデザインであること。

などなど・・・

で、今回の新作、「軽いっす」は・・・

軽いっす
「片手で持ち運びが出来る椅子を」というお客様の要望に応えて

出来る限り軽い椅子を目指しました。

従来の定番椅子「片肘スツール」は約8.0kgありました。

今回の新作「軽いっす・片肘付」は5.1kg(±100g)です。

肘無しの「軽いっす」は4.3kg(±100g)です。

これなら片手でヒョイと持ち上げられます。

展示会等でその軽さを実感していただけますと幸いです。
  1. 2012/04/28(土) 10:29:33|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮之浦岳に登りました:矢澤美子

宮之浦岳は屋久島にあり、九州で一番高い山(1936m)。
登山初心者の私がちょこっと登れる山ではありません。
コースタイムで往復10時間の山なのです(休憩を省いて)。

ところがこのところ前に控える仕事のストレスで
急にわ~っと頭を空っぽにしたくなった私。
くたくたになるまで歩きたい・・・。

突然の申し出でしたが
なんと金太郎さんは準備万端。
知らない間にいくつもの綿密な登山計画書がスタンバイしていて、よりどりみどり。
「それなら宮之浦岳はどうだ?」ということになりました。

屋久島は雨で当たり前のところなので
ピンポイント天気予報を毎日チェックし
「いざこの日」というまれな晴れの日に登頂できました。

下山の最後の方は這って歩きたいくらいになりましたので
目的達成です(笑)。

「なぜ山に登るのか」
私の場合は逃避かな?
登山をするとなるとその間は話がとてもシンプルになる。
登るためになすべきことは決まっているから。
そして達成感もストレートに味わえる。
こんなに生きることがシンプルになる環境はちょっとない。

さてさて逃避してばかりもいられないから
また困難な現実に戻ってがんばろうっと!
筋肉痛に耐えながら(笑)。
宮之浦岳山頂
  1. 2012/04/25(水) 15:27:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクセス解析さよなら:矢澤美子

こちら梅は散り、花桃などが咲いて、春が始まっています。

ところで工房のホームページはインフォシークのアクセス解析を長年やってきましたが、
今月31日でインフォシークのサービスが無くなるとのことで、アクセス解析はやめることにしました。
インフォシークアクセス解析終了は一時代の終わりのような気がします。
やり始めたときは同等のサービスは見あたらなかったのですが、
同様のサービスがいろいろ充実してきたということなのでしょうか。

私たちは最近は年齢にふさわしいゆとりある生活を目指していますので、
これを機会にアクセス数は気にしない行き方に切り替えることにしました。
一時期はアクセスを分析するのに必死になったり、
ヤフーの検索で上位に表示されるようにと相当頑張ったりしましたが、
あれは気にし出すと底なし沼に引きずり込まれるようですね!
パソコンの前に釘付けになったりして。
やはり、よいものを生み出すことが一番基本という、軸をぶれさせないことが大事だと思います!

もうアクセス解析が終了とのことでこの4ヶ月の平均を見たら、
1日のユニーク数(訪問者数)250人、トータル数(閲覧されたトータルのページ数)500でした。
一番多い日は1月29日のユニーク342、トータル792でした。
これは海外からの英語版「オリジナル組み手作品」へのアクセス増加によるものでした。

タンブラー(tumblr)ってご存じですか?
ツイッターの写真版のような感じ。
そんなところでKintaro Yazawa の Original Joint Work が紹介されて、
「I like this.:いいね!」の反応をたくさんもらって、そんなときはアクセス数も増すようです。

ということでホームページ担当の私はちょっと肩の荷を下ろす感じです。
私たちの人生も終盤ですので、気分を新たに、
あれこれ欲張らずに一番大事なものに時間を割く毎日にしたいです!

花桃
[アクセス解析さよなら:矢澤美子]の続きを読む
  1. 2012/03/17(土) 09:10:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春よ来い!:矢澤美子

全国的に雪のニュースが飛び交っていますが、こちらは寒いけど雪にならずに残念です。
(雪で困っていらっしゃる方すみません!)
陽の光が強く明るくなって、季節は冬から春に移動しようとしているのが感じられます。
今の工房には穏やかな空気が漂っています。
昨年は3月に大きな展示会を二つ引き受けて今頃はバタバタしていたのですが、
今年はそういう展示会がないせいです。
こういう時間の流れ方が理想的かなあと思います。

ゆとりが出るといろいろなことをじっくり楽しめるようです。
昨日は特注のテーブルを納品しましたが、所定の場所にぴったり収まり、
お客様にも喜んでいただけ、
それをしみじみ嬉しく思う自分がいることをまた嬉しかったりしました
(あれっ?言いたいことわかります?)

昨年は梅が満開になって気がつきましたが、
今年は開花はまだかなぁとちょこちょこ見に行く自分のゆとりもうれしかったりします。
今日現在我が家の梅はまだまだ小さく3ミリくらいの堅いつぼみ状態。
でも5輪ほど咲いているので、どの世界にも早熟なものはあるものだと感心しました。

お客様のご希望でできあがったちょっと変わったカウンターテーブルです。
countertable.jpg
  1. 2012/02/04(土) 16:38:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェイスブックを始めました

はやりのフェイスブックを始めました。
このFC2ブログとミクシーも、今後とも続けますのでよろしくお願いいたします。
  1. 2012/01/12(木) 14:06:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私たちの元旦の過ごし方:美子

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年もいろいろありましたが、たくさんの人に支えられて無事一年を終えることができました。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年末にお隣の土地150坪ほどが成り行きでうちのものになりました(笑)。
役に立たない大きなヤマモモの木(ごめんね!実がならないからね!)とか、
とても利用しきれない量のお茶の木などを切りましたので、
葉っぱや枝がてんこもりのまま新年を迎えました。
金太郎さんは朝からそれらを焼却作業です。
私も普段できない整理整頓をしたりして
勤勉なる元旦の朝でございます(笑)。

資産価値はゼロですが、敷地は650坪になり、これからも管理が大変そうです。
つつましく心の行き届いたたたずまいを目指したいと思います。
金太郎さんは新しい土地に植える日向夏という宮崎独特のミカンと栗の木を買いました。
私はスノードロップとクリスマスローズを注文して届くのを楽しみにしているところです。
残したお茶100株くらいはできれば紅茶を作ってみたいと思いますが、果たして可能でしょうか(笑)。

家具制作に余暇遊びに充実した一年になりますように!
Newyear.jpg

  1. 2012/01/01(日) 11:01:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年のごあいさつをいたします

本年もよろしくお願い致します


昨年は大変な1年でした

国中の人々の重い気持ちを表すかごとく

どんよりとした暗い雲に覆われた元旦です


もう日の出の時間・・・

東の空の、見えないけれどそこにあるはずの太陽に

「良い年でなくてもいいから、普通の年であって欲しい」と祈りました
  1. 2012/01/01(日) 07:04:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原発やめて水力発電を

我々が得られるエネルギーには、石油、石炭、天然ガス、薪になる樹木、水力発電の雨水、ウラン鉱石、風、太陽光等があるが、全てその源は太陽エネルギーだ。

どれも電気を起こす原料になりうるが、電気というものの最大の欠点は大量の貯蔵が難しいことにある。
風力発電や太陽光発電も悪くはないが、風力は風が止んだらだめだし、太陽光は夜には発電できない。
発電できない間のために電気を貯蔵することが必要になるが、水力発電以外ではどれも電力の貯蔵が難しい。
水力発電では、余剰電力はポンプを回して水を貯水湖に戻す(揚水する)ことで、電力の保存と同じ意味を持つ。

高所にある水の位置エネルギーを電気エネルギーに変換するこの発電方法、炭酸ガスも出さなければ、余剰電力の保存が出来るため、日本にあっては理想的な発電方法と言えよう。唯一の欠点は発電場所が消費地から遠いと言うことだけだ。そのことが敬遠される原因の1つになっていると思うが、安全性とトータルなランニングコストの安さは充分原発に対抗できる。

水は低きに流れるというが、単に川が流れているという状態は、水が下流に落ちるエネルギーを浪費していることを意味する。

 地震の大津波で知ったように、水の持つエネルギーはとてつもなく大きい。しかし、その大きな力を利用することは、おなじ大きな力の原子力と比べてはるかに安全だ。 安全性こそが原子力との決定的な違いだと思う。

現実的にダムを造るとなると、湖底に沈む集落がでてくるためそう簡単ではないが、もし私の家が沈むべき場所にあるのなら、私は原発反対の立場から自分の家を立ちのこうと思う。犠牲無くしては水力発電は成立しない。こんご水力発電所建設が増えれば湖底に沈むことになる集落も増えるが、犠牲強いられる方々へは特別に手厚い対策を講じて、だれもが希望を持って土地屋敷を提供出来る好条件を準備して欲しいと思う。

 日本では原油の埋蔵はまだ見つかってないが、しょせん原油やウランはいずれ使い尽くされてしまう物だ。
その点、天から降る雨こそは、太陽からの尽きることのない清らかなる恵みのエネルギーだと思う。
  1. 2011/12/04(日) 15:43:49|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島原発メルトダウンのとらえ方

冷却水を経済的に取り入れる為に、大胆にも海面すれすれに建てられた「福島原発」は、当然のように地震の津波により破壊され、メルトダウンに至った。

地震規模が想定外だった、と言ういいわけは無責任だ。
「想定が間違っていた」と陳謝し、責任を取るべき人たちがいるだろう。

それは、直接的には東電や国の原子力保安院だが、
彼らの判断の根拠となる資料を作った日本の学者側にも大きな責任があるだろう。
国の原子力政策に「都合の良い資料」を作った人たちだ。

地震学者の中には、京大に見られるように、大地震の可能性を警鐘し続けた人たちがいた。
誰も想定できなかった地震ではなかったのだ。

福島原発の大災害が原発の危険性をまざまざと世界に知らせしめたことは確かだ。
だが、一方で、あれだけの大事故になりながら、国が滅びるほどには至らないことに
原発は破滅的な施設ではない、と思った指導者も多くいたことだろう・・・

原発を建設することは、そこに動かすことの出来ない核爆弾を固定するに等しい。
これからの国際テロ集団は、
核ミサイルを持たずとも、他国を核攻撃することが出来ることが証明されてしまった・・・。

  1. 2011/12/04(日) 07:05:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラグインハイブリッド車の燃費

最近、家庭で充電できるプラグインハイブリッド車が発売された。

例えば、トヨタ・プリウスPHVの場合、燃費は新しく制定された方法により

なんと 61km/L と宣伝されている。

電池を積んで車重が40kgも重くなっているにもかかわらず、燃費が良くなっているのは

あくまでガソリンの燃費のみを計算しているためだ。家庭で充電した電気代のことは計算に入れていない。

従って、積み込む充電池の容量を大きくすればするほど、燃費が良くなることになる。


この計算方法だと、三菱自動車のミーブなど純粋な電気自動車は、燃費が無限大になってしまうが、

三菱自動車はそんなナンセンスなことはせず、ミーブの1回の充電量(16kwh)と最大走行距離(180km)

のみを発表している。

1kwh=30円、ガソリン140円/Lとして計算すると、ミーブのガソリン換算燃費は約50km/Lとなる。
(充電時の損失を考慮すると、もう少し燃費が悪くなる)


「燃費」という表現が紛らわしいのは、「燃費=ガソリン等の燃料消費率」であって、

バッテリーの消費量を考慮しない計算方法では、「燃費=経済性」ではないからだ。


ハイブリッド車やプラグインハイブリッドのように、

バッテリーエネルギーを動力の一部として使う自動車では、バッテリーを充電する費用も考慮すべきだと思う。


考慮すべきバッテリーの充電とは、

1. 家庭の電源で充電した電気量(電気代)。

2.長距離の運転で消耗したバッテリーの充電のために使った燃料の量

この二つを計算に入れないと、車の真の経済性は判断できない。

アメリカでもそのうち燃費が発表されると思うが、メーカー発表燃費と実燃費との大きな差を許さない国、米国で

はどういう数値になるのか興味深い・・・・

  1. 2011/11/30(水) 08:39:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年最後のコンテナ出荷

長崎市の浜屋デパート美術画廊での親子展示会のために、5トンコンテナ車に満載して発送しました。
今年最後の発送ですので、肩の荷が下りた感じです。
やれるだけのことはやった、後は天命を待つ、という心境です。

展示会の詳細は・・・http://www.eurus.dti.ne.jp/k-yazawa/index3.html

11月5日(土)午後3時からは、私がヤリカンナと木組の実演を致します。
当日は車で長崎へ行きますので、高速道路の閉鎖がないことを祈っています
(新燃え岳が噴火すると閉鎖します・・・)
皆様のおいでをお待ちしております

矢澤 金太郎

  1. 2011/10/30(日) 21:14:01|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電気自動車の燃費

三菱自動車が電気自動車を発売した。一般家庭の電源から充電できると言うから興味深い。

気になる燃費は?と三菱自動車のサイトを見ると10モード燃費が書かれていない。
10モード燃費はガソリンの消費に関わる数値なので無くて当たり前だが、
同じ電気を使っているハイブリッド流にあえて書くならば
燃費はガソリン1リットルあたり無限大kmとなる(笑)。
代わりに電力量消費率Wh/kmが記載されている。
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/i-miev/index.html

電気自動車が出現してしまった今こそ、
ハイブリッド車も、電池の消費電力量を計算に入れた
理論的に正確な燃費をカタログに書くよう、新しい表記法を導入するチャンスだろう。

消費した電池は、車に搭載しているエンジンで、ガソリンを消費して発電し充電しなければならないのだから。
  1. 2011/10/30(日) 20:32:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソラシードエアーの機内誌に載る

「ソラシドエアー」と聞いても名前を知らない人も多いでしょう

旧名「スカイネットアジア航空」で、羽田と宮崎、熊本、長崎、大分、沖縄を結んでいる

日本一格安な料金で、庶民派の航空会社だ。

格安航空券というとJALもANAも便の変更は出来ないものだが、

ソラシドエアーは空席があれば当日カウンターで1便早く出来る場合がある。

(スカイネットアジア時代に1つ前の便に変更してもらった経験があります。恐らくソラシドも

その良心的社風が継承されていることでしょう)

飛行場に早く着きすぎた場合、1便前の飛行機に空席が十分あるのに乗れない、というのは

それがチケット購入時の約束ではあっても、納得がいかないものだ・・・

前便に空席があるなら乗せた方が、次便の空席待ちの客を、より多く乗せられる可能性があり

誰にとっても不都合はないと思う


話が逸れましたが、そのソラシドエアーの機内誌に息子の仕事が取りあげられています


ソラシド、とはなんぞや? と思ってネット検索すると、ソラシードという名が沢山出てくる

そら豆(Broad bean)をもじった名前のようでもあるが

航空会社の「ソラシド」は「空・種」で「空から種をまく」という気持ちを込めた名のようだ

会社が大きくなっても、1便前の空席に乗せてくれる小回りさは持ち続けて欲しいと思う






  1. 2011/09/19(月) 08:34:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する