金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クレメンス君、仕事始める

クレメンス君、今日から工房の仕事として捻り組のティーテーブルを3台作ることになりました。といっても3台木作りまでして、そのうちの1台のみ組み手、ヤリカンナ掛け、本組をすることになっています。作業ですが、これが又、実に面白いのです。日本とドイツとの作業のやり方の違いが出て、どっちが合理的かというやりとりが沢山出てきます。クレメンス君、木取りをガンガンやり始めるので、「ゆっくり、ゆっくりね」っていうと「ボクハ、ユックリシゴトガデキナイ」とのこと。
 ドイツでは自動鉋を通しただけで矧ぐとか。これだけは矢澤工房のやり方で矧ぎ面をとってもらいました。オイル仕上げの習慣が残っているせいか、やや作業が荒っぽい感じがしましたが、とにかく熱心です。終業時間が来ても仕事が一段落するまで(矧ぎが全部終わるまで)帰らない、とのこと。「せっちゃくはあしたでもいいよ」って言っても、「これおわらせる、これ(残業は)ふつうのこと」とのこと。ガッツは大したものです。
 そうそう、クレメンス君、昨日の講義の準備で片転びの蟻組のサンプルを作りました。幅18cm位の板ですが、ノミと胴付き鋸だけで30分位で完成させました。さすがマイスターと思いましたね。手作業の正確さは一流です。
  1. 2006/11/01(水) 21:18:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クレメンス君真剣になる | ホーム | クレメンス先生の講義>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jimmy.blog73.fc2.com/tb.php/45-1062bc76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。