金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木の高層建築に対する不安

NHKの番組で木材と金属、或いは耐火性の石材を組み合わせた複合素材による高層建築が脚光を浴びようとしている。
私の家具作りにも関係することなので関心を持たざるを得ないが、
私の木に対する知識は木は木としか相容れない、というものだ。

木と金属の組み合わせは金属の結露、腐食などで相性は極めて悪いことは伝統建築が証明している。
コンクリート断熱材とのサンドイッチによる耐火性の向上は無意味とも言える。
耐火性を期待するなら初めからコンクリートで作るべきだろう。内装に木を用いることは従来から行われていることだ。
木と金属などとの複合的な構造は、数十年後に大きな問題を起こす可能性がある。
笹子トンネルで起きた天井板の崩落を今一度思い出して欲しい。
この場合は重い石の天井の吊り下げを、ボルトの強度だけを信じた結果起きた事件だ。
鉄は錆びると強度が低下するということは、誰でも理解できる事実だが、
メンテナンスを怠った結果、あの崩落が起きた・・・メンテナンスを怠る、無視する、知らなかった、などどいうことはありえない、という前提だろうが、ありえないということを前提にしてはいけないと思う。
たとえありえないことがあったとしても、壊滅的なことが起きないように考えるのが技術者の責務だと思う。

金属の強度という物は実験室での値であって、数十年後どのような強度になるかは、使用条件次第なので、誰も保証できるものではない。数十年後木造高層建築物の崩落事件が起きた時、
設計者は頭を下げてこう言うのか・・「想定外のことが起きまして・・・」
  1. 2013/04/18(木) 21:31:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<いとしくなってきたルンバ:矢澤美子 | ホーム | 阪急百貨店うめだ本店で矢澤金太郎一門展開催(10月):矢澤美子>>

コメント

同感

私もあの番組を見て同じことを考えていました。
異種材料の組み合わせで性質が良くなることはあるが、果たして長期にわたってそれが維持されるか?
大いに疑問です。

木のぬくもりが・・などと常套句になっていますが、ほとんどの木製品は工業的に手が加えられているのが日本の現状。 木 は 厚い合成樹脂塗料の下。
本当の木の文化は忘れられてしまった。
  1. 2013/04/22(月) 06:52:09 |
  2. URL |
  3. H.Suto #z4Qs8e7Q
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jimmy.blog73.fc2.com/tb.php/349-8f6d1486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。