金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

口蹄疫の怖さ

牛を飼っているお隣と、工房の間の道路に消石灰をまいた翌日雨が降り、石灰は跡形もなく消えてしまった。
梅雨入りした宮崎では、石灰で道路を覆うためには、ほとんど毎日まかねばならない。一体いつまでまけばいいのか・・

牛を飼う農家は家から一歩も出られない毎日が続く。
一体いつまで家に閉じこもっていればいいのか・・・

宮崎市の中心部で「宮崎産の野菜が売れません、皆さん宮崎産の野菜を食べましょう」
という街頭キャンペーンがあった。

いろいろな分野で人が集まる事が自粛されているため、図書館が閉鎖され、ほとんどの催し物が中止され、
慰労会や打ち上げなどの宴会も無くなり、飲み屋にはお客がいない。

見えない相手との戦いだが、見えないだけに歯がゆい。

今望まれることは国連の専門家チームの受け入れではないだろうか?
無駄かもしれないが、少しでも参考になる可能性があるなら受け入れるべきだろう
国家的な危機との認識があるなら、拒む理由はないはずだ・・・

それが出来ないのなら、日本の専門家チームがもっと前面に、マスコミに出るべきだと思う
十分な経験のある専門家から口蹄疫対策を直接聞けば、畜産農家も希望を持つことが出来ると思う

「口蹄疫」は英語では「足と口の病気」という。子供の病気で「手足口病」というのがあるが
感染力の強さや水疱が出来るなどの症状がよく似ていると思う。
ただ人間はどんなに症状がひどくても殺される心配はない
ましてや、家族の一人が感染したからといって、一家全員が処分されることもない
人に生まれたことを感謝しなければならないのだろう






  1. 2010/06/14(月) 21:32:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お隣の犬 | ホーム | 口蹄疫でうちができること:矢澤美子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jimmy.blog73.fc2.com/tb.php/275-ea5ad8f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する