金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

阪急展を終えて 矢澤美子

青い空と緑の山や畑しかない我が家の周り。
入道雲やトンボの群れを見て安堵感に浸っている。

10日前、JR大阪駅の前に立ったときは
巨大な都会の真ん中にぽつんと取り残されたような心細さを感じた。
大丸、阪神、阪急とデパートがひしめいている。
知らない人の波。
木工家だっていっぱいいる。
こんな中で、いったい誰が矢澤金太郎に注意を払ってくれるのだろう。
まして誰が買ってくれるのだろう。
これから一週間の戦いが待っているという緊張感で身がすくむ気がした。

やっぱり今年も会期中は修行僧の心境だった。
忍耐、忍耐。
しっかりしなくちゃと言い聞かせながら会場に立ち続けた。
会場で作品を見て下さる目は温かいものばかりではない。
ちくっと傷ついたり、どーんと突き落とされるような感覚に陥ることだってある。
作品は私だ・・・実際に作っていないけれど、やはりそんな感じがする。
だから作品に対する言葉は私に向けられたものに等しい。
ぴく、ぴくと心が敏感に反応する。
私でもこんなだから、金太郎さんはもっとデリケートな気持ちだろう。

前準備はこれ以上は出来ないというところまで頑張った。
だからまな板の鯉なのだけれど
売れるか売れないかということはほんとうに心を揺さぶる。
売れないと心は縮こまっていくから不思議だ。
よく過去の画家や音楽家が売れなくて心をすさませていく話があるが
その気持ちがよくわかる気がする。
どんなに一生懸命作っても、どんなにいいものを作ったと思っても
売れないとどんどん自信は崩れていく。
だから作品が売れたときは嬉しいと同時に救われたような気がする。
注文をいただくと、一緒に元気をいただく。
こうして、しゅんとしたり舞い上がったりして一週間が過ぎた。
展示会の立ち会いは苦手だとつくづく思う。

何はともあれようやく展示会は終わった。
お客様に、そして展示会を手伝って下さった皆様に心から感謝したい。
ありがとうございました。
  1. 2008/07/31(木) 12:49:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<エスカレーター事故に思う、安全率の認識欠如 | ホーム | 航空券が3枚は紙の無駄使い>>

コメント

noriさんへ

エールをありがとうございます。
今風邪で寝てるんですけれど
コメントが入ってるよ!と金太郎さんに言われてのぞいたところです。
元気が出ました。
早く体調を元に戻し、また頑張りたいと思います。
金太郎さんの腕もいたわって
細~く長~く仕事が続けられれば最高だと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2008/08/06(水) 12:42:29 |
  2. URL |
  3. 矢澤美子 #Abfu8Kzo
  4. [ 編集]

どの国のどんな家具より素敵だと思っています。
金太郎さんの家具を置くと、部屋をアジア風にでも、李朝のものとでも、ヨーロッパ風にでも、どんな風にでも遊べると思います。
これからも応援させていただきたいです!!!
金太郎さんが家具作りができなくなると全国のファンが困る困る!!!
御手、お大事になさって下さいませ。
  1. 2008/08/05(火) 16:52:48 |
  2. URL |
  3. nori #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jimmy.blog73.fc2.com/tb.php/207-49c06352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する