金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラスッチック天窓の製造責任

プラスチック製の天窓ってよく見かけますが、上に乗ったら落とし穴のように人が落ちるような弱い物とは知りませんでした。これは残念ながら欠陥商品と言わざるをえないでしょう。

メーカーは自社の商品がどういう場所に使われるか考慮して設計,、製作する義務があります。天窓は屋上に設置されるのが普通ですから、当然天窓の上に人が乗れるだけ乗っても壊れない構造であるべきです。つまり屋根の一部と考えるべきなのです。仮に人が乗ったら危険な物なら、人が乗れない構造にすべきです。安全な物が作れないのでしたら、製造を断念すべきです。メーカーの責任は重大です。と、作り手の一人として思います。

この事件を契機に、我が身を振り返り、これからも安全第一の作品作りを心がけようと戒めました。
  1. 2008/06/19(木) 11:21:50|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<梅雨明け、そして阪急展 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jimmy.blog73.fc2.com/tb.php/197-f92e1b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。