金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スズメ蜂を食べる?!

母屋の一角で、大の大人が5人かかりで何しているかと思ったら、スズメバチを追いかけているとか。
 釣り竿の先に蜂蜜をつけた布切れを釣り下げ、蜂に蜜を吸わせるそうです。
蜜をたっぷり吸った蜂は巣に帰って蜜を貯め、又蜜を吸いに戻ってくるのですが、往復する時間から巣までの距離を計算するとのことでした。
巣に帰った蜂と戻ってきた蜂が同じ蜂かよく分かるもんだと感心。

蜜を吸っている花はカタシの花。スズメ蜂はこの時期この木の蜜しか吸わないそうです。で、巣の場所はどうやって探すかというと、スズメ蜂を何匹か捕まえて、蜂の胴に長さ10cm位の白い紙を結びます。蜂が巣に帰るときその白い目印を追うそうです。

スズメバチを捕まえてどうするのかと聞くと、親は焼酎漬け、子は油で炒めて焼酎の肴にするとか・・・・

捕まえ方は、防護服を着て巣を取るそうです。刺されないんですか?と聞くと、4回刺されたことがあるとか・・・・この間刺された奴は死んだな・・・って事もなげに言ってました。そこまでして蜂を捕まえることないんじゃないかと思いますが・・・hati.jpg

hati2.jpg

  1. 2007/11/24(土) 11:12:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<京都で展示会始まる | ホーム | 晩秋:美子>>

コメント

スズメ蜂

甲斐国人がおいでのようですね。
甲斐人は蜂というと目の色が変わるようです。
ただし、スズメ蜂ではないと思いますが・・・
  1. 2007/11/25(日) 17:06:37 |
  2. URL |
  3. 須藤 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jimmy.blog73.fc2.com/tb.php/169-ff6c117e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。