金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

来年の展示会の行方

大手デパートから160坪の大ホールで展示会をして欲しい、という依頼があった。
もうそろそろ隠居的に仕事をしたいな、なんて思っている私には160坪はちょっと広すぎる・・・160坪って言うと、22m四方、コンテナ4台分だからね・・前に130坪でやったけど、あれは結構しんどかった・・・

「矢澤金太郎とその弟子達」という一門展も話がでているが、私のコンテナ2台分はいいとしても、弟子達の作品でコンテナ2台分、というのは恐らく集まらないだろう。

デパートの美術(の仲介人)は有望な若手作家の発掘に躍起になっている。一門展の話も新人発掘という意味が込められ、弟子の中で見込みがありそうな者を探して、翌年画廊で個展をさせようと言うわけだ。ハングリーな者にはすごくいい話ではあるのだけど・・・

一門展が無理そうなので、3人くらいの合同展はどうかという話がでた。私と同年代の比較的名が売れている2人に話を持ちかけてみることになった。まあ、来年7月なので、製作が間に合うか疑問だし、私との合同展をしたがるかどうかも分からないところだ。合同展は言ってみれば競作展だから・・・

合同展の話はすごく刺激的で久しぶりにやる気がでてきた。
設計室の図面ケースの一番下に押し込められた「封印された新作図面」を取り出し、製作を再検討することにした。
この封印された新作というのは、夢を追いすぎて実用性が乏しい、つまり売れそうもない作品、というものだが、やる気がでてくると、なんか作ればその内売れそうな気がしてくる。
展示会には、見ていただくだけの作品があってもいいと思うしね・・・
  1. 2007/11/06(火) 09:02:25|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日より長崎にて展示会 | ホーム | TRIC JOINT・オーストラリアでの議論>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jimmy.blog73.fc2.com/tb.php/164-b18fbdaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する