金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原発やめて水力発電を

我々が得られるエネルギーには、石油、石炭、天然ガス、薪になる樹木、水力発電の雨水、ウラン鉱石、風、太陽光等があるが、全てその源は太陽エネルギーだ。

どれも電気を起こす原料になりうるが、電気というものの最大の欠点は大量の貯蔵が難しいことにある。
風力発電や太陽光発電も悪くはないが、風力は風が止んだらだめだし、太陽光は夜には発電できない。
発電できない間のために電気を貯蔵することが必要になるが、水力発電以外ではどれも電力の貯蔵が難しい。
水力発電では、余剰電力はポンプを回して水を貯水湖に戻す(揚水する)ことで、電力の保存と同じ意味を持つ。

高所にある水の位置エネルギーを電気エネルギーに変換するこの発電方法、炭酸ガスも出さなければ、余剰電力の保存が出来るため、日本にあっては理想的な発電方法と言えよう。唯一の欠点は発電場所が消費地から遠いと言うことだけだ。そのことが敬遠される原因の1つになっていると思うが、安全性とトータルなランニングコストの安さは充分原発に対抗できる。

水は低きに流れるというが、単に川が流れているという状態は、水が下流に落ちるエネルギーを浪費していることを意味する。

 地震の大津波で知ったように、水の持つエネルギーはとてつもなく大きい。しかし、その大きな力を利用することは、おなじ大きな力の原子力と比べてはるかに安全だ。 安全性こそが原子力との決定的な違いだと思う。

現実的にダムを造るとなると、湖底に沈む集落がでてくるためそう簡単ではないが、もし私の家が沈むべき場所にあるのなら、私は原発反対の立場から自分の家を立ちのこうと思う。犠牲無くしては水力発電は成立しない。こんご水力発電所建設が増えれば湖底に沈むことになる集落も増えるが、犠牲強いられる方々へは特別に手厚い対策を講じて、だれもが希望を持って土地屋敷を提供出来る好条件を準備して欲しいと思う。

 日本では原油の埋蔵はまだ見つかってないが、しょせん原油やウランはいずれ使い尽くされてしまう物だ。
その点、天から降る雨こそは、太陽からの尽きることのない清らかなる恵みのエネルギーだと思う。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/04(日) 15:43:49|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島原発メルトダウンのとらえ方

冷却水を経済的に取り入れる為に、大胆にも海面すれすれに建てられた「福島原発」は、当然のように地震の津波により破壊され、メルトダウンに至った。

地震規模が想定外だった、と言ういいわけは無責任だ。
「想定が間違っていた」と陳謝し、責任を取るべき人たちがいるだろう。

それは、直接的には東電や国の原子力保安院だが、
彼らの判断の根拠となる資料を作った日本の学者側にも大きな責任があるだろう。
国の原子力政策に「都合の良い資料」を作った人たちだ。

地震学者の中には、京大に見られるように、大地震の可能性を警鐘し続けた人たちがいた。
誰も想定できなかった地震ではなかったのだ。

福島原発の大災害が原発の危険性をまざまざと世界に知らせしめたことは確かだ。
だが、一方で、あれだけの大事故になりながら、国が滅びるほどには至らないことに
原発は破滅的な施設ではない、と思った指導者も多くいたことだろう・・・

原発を建設することは、そこに動かすことの出来ない核爆弾を固定するに等しい。
これからの国際テロ集団は、
核ミサイルを持たずとも、他国を核攻撃することが出来ることが証明されてしまった・・・。

  1. 2011/12/04(日) 07:05:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。