金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラグインハイブリッド車の燃費

最近、家庭で充電できるプラグインハイブリッド車が発売された。

例えば、トヨタ・プリウスPHVの場合、燃費は新しく制定された方法により

なんと 61km/L と宣伝されている。

電池を積んで車重が40kgも重くなっているにもかかわらず、燃費が良くなっているのは

あくまでガソリンの燃費のみを計算しているためだ。家庭で充電した電気代のことは計算に入れていない。

従って、積み込む充電池の容量を大きくすればするほど、燃費が良くなることになる。


この計算方法だと、三菱自動車のミーブなど純粋な電気自動車は、燃費が無限大になってしまうが、

三菱自動車はそんなナンセンスなことはせず、ミーブの1回の充電量(16kwh)と最大走行距離(180km)

のみを発表している。

1kwh=30円、ガソリン140円/Lとして計算すると、ミーブのガソリン換算燃費は約50km/Lとなる。
(充電時の損失を考慮すると、もう少し燃費が悪くなる)


「燃費」という表現が紛らわしいのは、「燃費=ガソリン等の燃料消費率」であって、

バッテリーの消費量を考慮しない計算方法では、「燃費=経済性」ではないからだ。


ハイブリッド車やプラグインハイブリッドのように、

バッテリーエネルギーを動力の一部として使う自動車では、バッテリーを充電する費用も考慮すべきだと思う。


考慮すべきバッテリーの充電とは、

1. 家庭の電源で充電した電気量(電気代)。

2.長距離の運転で消耗したバッテリーの充電のために使った燃料の量

この二つを計算に入れないと、車の真の経済性は判断できない。

アメリカでもそのうち燃費が発表されると思うが、メーカー発表燃費と実燃費との大きな差を許さない国、米国で

はどういう数値になるのか興味深い・・・・

スポンサーサイト
  1. 2011/11/30(水) 08:39:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。