金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

足が筋肉痛・・・

ホント、馬鹿なことをしました・・・
運動不足を何とかしようと、25階分の階段の登り降りをしたところ、3日後に突然左足の肉離れ的な筋肉痛。

ところが、痛い左足をかばっていたら、今度は反対側の右足も筋肉痛・・・。

結局両足が持ち上げられなくて、床を擦るように歩くので、なにやらロボットのような歩き方になってしまいました・・・。

運動もほどほどが肝心です。
足音がおかしいって、ナナに怪しまれました・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/04/29(日) 18:56:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

棟上げ

すごい早いです!もうほとんど屋根が出来ました!あとルーフィングを敷いて今日は終わりです。変形寄せ棟作りの、ややこしい設計なので、10数名の大工さん達全員、コピーした図面を見ながらの組立でした。20070426160908.jpg

  1. 2007/04/26(木) 16:09:18|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新築・柱建て

棟上げは明日ですが、今日が大安ということで、柱を何本か立てました。本来なら4寸柱にするところですが、環境保護も考えて3寸5分にしました。白太が多いので間伐材といっていいでしょう。安物ですが杉は杉。大事に使えば100年はもつでしょう。明日の棟上げは15の人位職人さんが集まるそうで、お茶出しが大変だーー20070425195548.jpg

  1. 2007/04/25(水) 19:56:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新築・基礎完成

基礎工事が終わりました。中央部分の四角が中庭です。家の中に外を作るなんて費用の無駄だ、と思ってましたが、中庭のまわりをぐるっと回れる回廊的な間取りは愉しいかも・・・20070425095056.jpg

  1. 2007/04/25(水) 09:51:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新築工事始まる

築150年の囲炉裏の家と、比較的新しい客用トイレだけ残し、家屋を解体しました。新しい終の棲家の建設が始まりました。
 設計は親子で競い合ったんですが、まあ、息子の方が長く使うことになるだろう、ということで息子の案になりました。家の中に中庭がある、かなり実験的な家です。逐次、進み具合をお知らせします。newhouse.jpg

  1. 2007/04/20(金) 13:42:38|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コンクリート住宅の被爆量

最近ガイガーカウンターを買った。
というのは、工房に来たスイス人が、環境の放射線量チェックをした方がよい、というアドバイスがあったためだ。
購入したガイガーカウンターでいろいろな物の放射線量を計ると興味深いことが分かった。

宮崎の場合、野外では地面や上空からの被爆が1時間当たり約0.10μsv/h(毎時マイクロ・シーベルト)ある。木造の家の中では0.08μsv/h程度と少し減るが、瓦や壁などが放射線をさえぎってくれていると解釈できる。驚くのはコンクリート打ちっ放し住宅では約0.16μsv/hも被爆することがわかった。これは木造住宅内の約2倍、野外の約1.6倍にあたる・・・・・

胸部X線の被爆量が50μsvということなので、コンクリート住宅内に13日間いた場合の被爆量に相当する。コンクリート住宅内に1年間いると、木造住宅に住む場合と比べて被爆量は0.7msv余計に被爆することなり、これは年間14枚の胸部X線を撮るのと同程度被爆する事を意味する。。。。

国が認定している年間の許容被爆量は50msvなので、コンクリート住宅は最大でも許容値の3%程度で、問題にならない量だといえばそうだが、気持ちのよいものではない。

そこで、コンクリート住宅に住む場合の工夫として、出来るだけコンクリートをむき出しにせず、木やタイルや漆喰で壁を作ると被爆量を大きく減らせる。 少なくともベッドは木のヘッドボードのあるベッドが良いだろう。木が放射線をさえぎってくれるからだ。

コンクリートが何故放射線量が多いかと調べたら、コンクリートの中の砂利が発生源のようだ。砂利の種類(花崗岩が最悪)により被爆量は変わるようなので、コンクリート住宅でも被爆量には違いがある。一流メーカーの住宅なら心配はいらないかも。

試しに鉄筋コンクリートの大病院内で測定したところ、意外にも約0.03μsv/hとかなり低かった。木造よりずっと小さな値である。しっかりと内壁を作ればコンクリート壁からの被爆も、地面や宇宙からの被爆は防げると言うことが確かめられた。

Xray

  1. 2007/04/15(日) 21:25:07|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Fine Wood working] スライドショー公開!!

たった今、アメリカの木工雑誌FWW(Fine Wood Working)の編集者(ジョン・ビンゼン氏)から私を紹介するスライドショーが完成した旨のメールが入りました。下記のサイトから見られます。(リンクしていませんのでコピペして下さい)
http://www.taunton.com/finewoodworking/

雑誌の方も今日発売だそうです。
私の組み手の作品が、裏表紙を飾っているらしいです。


  1. 2007/04/12(木) 08:26:06|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

「千の風になって」原作者見つかる!!

千の風・・・という訳し方が、ちょっと軽すぎるような気がするけど、他に日本語がないかなぁ・・・・
原詩は、a thousand winds ですから・・・

それより、この詩の原作者が2004年に亡くなったアメリカの女性でMary Fryeさんであるとの情報があります。下記のサイトで詳しく述べられています。また彼女の原詩は更に興味深いものです。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/prof/1000winds.html
  1. 2007/04/10(火) 19:43:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

千の風

今日は気分転換にカラオケに行った。
千の風をリクエストされて歌ったが、
大げさなオーケストラ版より、
訳詞作曲をされた新井満さん版の方が好きだ。
原詩を読むと、
歌詞として訳された日本語訳では省略された部分もあり、
構成も違うがいい詩だ。
グランドゼロの慰霊祭でも朗読されたらしいが
聞いてみたかった
きっと涙が出るほど、素晴らしい朗読だろう
  1. 2007/04/09(月) 20:50:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

息子が独立

工房の3年の修業が終わり
4月1日に独立いたしました。
工房の1部屋を自分の専用の工房をして作品を作り始めています
http://ryohei.jp/
  1. 2007/04/08(日) 20:40:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

娘がアクセ工房独立!

宝飾学院を今年卒業した娘が、福岡でシルバーやゴールドの指輪、ブローチなどのアクセサリーをオーダーで作る工房を立ち上げました。まだホームページは完成していませんが、ミクシーをされる方は、私のマイミクの「うち」さんを見ていただけると様子が分かります。又は矢澤菜美子で検索できます。
  1. 2007/04/04(水) 05:43:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新入り怪我を押して出社

いやーガッツがあります。みんなと一緒に新入社員教育を受けたいと、退院した翌日に出てきました。それはそれは包帯だらけのひどい顔、で・・・・。やっぱ、女は男より強い。確信しましたよ。
  1. 2007/04/03(火) 22:01:46|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

英語の収録終了、か・・・

アメリカの木工雑誌、ファインウッドワーキングが、私を紹介するスライドショーを作るので電話でインタビューを受けてくださいと言ってきた。必死の思いで30分間の電話取材に応じたら、今度はスライドショーに流すコメントを録音します、と言ってきた。これは大変、取材はともかく、ちゃんとした英語はだめ!。と言うわけで、あちらが取材をまとめたコメントを準備してくれた。それは良かったが、読みにくいと言うか、私が普段使わないような単語がいくつかあって、読みがそこに来ると引っかかる・・・。
自分の声を聞き返すと嫌になります・・・
  1. 2007/04/03(火) 21:39:42|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナナが脳梗塞か??

工房の癒し犬「ナナ」
今まで元気にはしゃいでいたのに
突然足がもつれて真っ直ぐに歩けなくなった!!
目撃者の話によると、胃の中の物を全部吐いたそうだ。
本人も驚きのような、悲しげな顔をしているが、とにかく横に寝かせた。
これが一昨日のこと。
昨日は一日物を食べずに寝ていた。
わたくしめ、心配になって、水分だけはとらせようと
練乳を加えた水を与えた。半熟卵も醤油を加えたらぺろりと食べた。
そして、今朝、しっぽを振って食べ物をねだる
いつもの元気なナナがいた。

あれはいったい何だったのか・・・
14才という年齢を考えると、軽度の脳梗塞と疑うべきか・・

  1. 2007/04/02(月) 20:43:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新入が事故・・・

明日入社する事になっている新人の女性が、超軽量自転車でこけ意識不明で病院に搬送された・・・先ほど、救急病院から、本人が明日の入社式に行けない事を心配しているとの伝言があり知ったところ。
あわてて駆けつけると、顔を包帯で包んだ痛々しい姿であったが、ベッドの上の夕食は全部きれいに平らげていた。。。(心配ないか・・)
しかし、搬送時意識がなかったので、脳の検査をするためしばらく入院となる。
どうやら、60km/h位からの急ブレーキで転けたもよう・

さて、いつも入社日から行っている新人教育をどうしよう???
3名一緒にしたいところだが、とりあえず2名で行い、彼女が出勤次第個人教授をすることにしようか・・・

今夜、彼女の父が来宮することになっている。

今日の教訓;自転車といえど、ヘルメットをしましょう・・・
  1. 2007/04/01(日) 21:06:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。