金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新国立競技場 心配な点

新国立競技場が、工期が短いという理由でA案に決まった。A案は鉄の構造材の表面にすっぽりと集成木材を張り合わせ、ボルト止めして剛性を持たせた今はやりの複合材だ。
木と鉄の組み合わせは温湿度の変化に対する収縮率が大きく違うため相性が極めて悪い。世界に誇る日本の歴史的木造建築物には鉄は使われていない。鉄と木の複合材は体育館のような屋内では問題は少ないが、建物内部に芝を生やすような半野外的な環境では耐久性に深刻な不安が残る。周囲に木々が茂ったA案のイラストは30年後の想像図とのことだが、30年後には、半野外の環境から来る激しい気候変動を原因とする木材の含水率変動で膨張収縮を繰り返した木材が鉄の芯材から剥離する可能性が考えられる。剥離が起きることで隙間が発生し、水分が内部に浸入し芯材を腐食させる可能性もある。最悪、剥がれた集成木材の一部が客席に落下する可能性すら想定できないことではない。更に鉄の構造材を木で隠すため、内部の鉄の腐食の確認が困難となることも問題だろう・・・集成材自体の接着力も、半野外的環境に何年耐えるか明確ではないし、かなり実験的な建築物と言うことになろう。果たしてそのような実験がこの事案で許されものかどうか・・・
更に鉄と木材を貼り合わせた複合材は、組立中に濡らしてはいけない、雨に当ててはならない,という問題があり、それが工期を遅らす原因になる可能性にならないか・・・

私としてはB案の方が独創的で簡潔な美しさがあり、一国を代表する建築物として非常に優れたものと思う。ラグビーの国際大会には間に合わないかもしれないが、きっと世界に誇れる歴史的な建築物になると思う。設計上の問題の多いA案では、独創的な旧国立競技場を設計した丹下健三さんも嘆くかもしれない・・この決定には、森元首相の「B案がいいと思う」という不用意発言も原因になっている気がする。あの一言さえなければ、B案に決まっていたような気がしてならない・・ひょっとして、森さんはラグビー大会に間に合うとされるA案にするため、あえて反発をかうB案を推したのではないか・・・

B案は、ぜひ場所を変えて建設して欲しいと思う。東京がダメなら大阪にいかがですか・
スポンサーサイト
  1. 2015/12/25(金) 07:27:11|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪での「一門展」参加募集

ご存じの方もいると思いますが、来年9月に大阪の有名百貨店の大​ホールで一門展をさせて頂けそうです。その参加者を現在募ってい​ます。参加条件は

1.美術画廊主催なので、美術的魅力を備えた作品であること。
2.1人約10坪(通路込)のブースを埋めるだけの作品が揃えられること。
3.会期中全日立ち会える人

参加希望者は9月末までに矢澤へメールを下さい。詳細をお知らせ​します。
なお、私含め現在10名の参加が内定しています。
メールはky@kintarosan.com
  1. 2012/09/05(水) 19:46:14|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なつかしきウシガエル

見苦しい顔で恐縮です・・・
このカエルの祖先と思われますが、昔、我が家の土間の台所に住んでいまして
しょっちゅう踏みそうになって邪魔だったのですが、家を床付きの台所に換えたとたんに居なくなってしまい
もう帰ってこないのかと諦めていましたが、
どうしたことか、数日前から肌のつやつやした若いカエルが、玄関前に居座って動きません・・・

いよいよお迎えが来たかと心配したりして・・・

どうもカエルの事情は分かりませんが、
木が生い茂ったので日陰を求めてやってきたのかも知れません
なにしろこのところ暑いですからね・・・

この牛ガエル、調べたら、ねずみとかコウモリとか取って食べてるとかfrog.jpg
・・信じられないです
  1. 2012/08/20(月) 14:31:06|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軽いっす(軽椅子)誕生!

私の作る椅子にはいくつかの決め事がある。

1.子供がつまずいて頭をぶつけても怪我をしないように、角を丸めること。

2.子供が椅子から椅子へ飛び移っても、転倒しないこと。

3.座面の端に乗っても転倒しないこと。

4.掃除がしやすいように足に貫(横棒)がないこと。

5.長時間座っていても疲れないデザインであること。

などなど・・・

で、今回の新作、「軽いっす」は・・・

軽いっす
「片手で持ち運びが出来る椅子を」というお客様の要望に応えて

出来る限り軽い椅子を目指しました。

従来の定番椅子「片肘スツール」は約8.0kgありました。

今回の新作「軽いっす・片肘付」は5.1kg(±100g)です。

肘無しの「軽いっす」は4.3kg(±100g)です。

これなら片手でヒョイと持ち上げられます。

展示会等でその軽さを実感していただけますと幸いです。
  1. 2012/04/28(土) 10:29:33|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年最後のコンテナ出荷

長崎市の浜屋デパート美術画廊での親子展示会のために、5トンコンテナ車に満載して発送しました。
今年最後の発送ですので、肩の荷が下りた感じです。
やれるだけのことはやった、後は天命を待つ、という心境です。

展示会の詳細は・・・http://www.eurus.dti.ne.jp/k-yazawa/index3.html

11月5日(土)午後3時からは、私がヤリカンナと木組の実演を致します。
当日は車で長崎へ行きますので、高速道路の閉鎖がないことを祈っています
(新燃え岳が噴火すると閉鎖します・・・)
皆様のおいでをお待ちしております

矢澤 金太郎

  1. 2011/10/30(日) 21:14:01|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松坂屋(名古屋)展開催中

名古屋の松坂屋(名古屋店南館6階美術画廊)で初の個展を開催中です。
日曜月曜と立ち会いに行ってきましたが、
名古屋駅前はアメリカのヒューストンかと見間違えるほどモダンな建築物が建ってます
道路も広いし、松坂屋デパートも美しい!美術画廊は4つもあって、見たことないほど広くて格式がある・・・
それらを支えているのはもちろんお客さまですので、顧客の質の高さをうかがい知ることが出来ます

その晩は駅前の座座という居酒屋でビール!
メインは「ぶっかけきしめん」と「ひつまぶし」
1日の疲れがぶっ飛びました!!matuzakayaten.jpg
  1. 2010/07/20(火) 20:48:57|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弟子4名が国展に入選!

今年の国展(国画会展)工芸部門に工房の卒業生が4名も入選しました。
内3名は初入選です。
入選者は50音順に
岡田敦君(兵庫県)(初)
西川虎三君(三重県)(初)
松本行史君(岡山県)
山地裕之君(香川県)(初)

会場のスライドショー
http://www.kokugakai.com/kougeibu/gallery/84/

国画会正式サイト
http://www.kokuten.com/

限られた木工部門の入選者の中に4名も入るとは驚きとともに
卒業生の志の高さを感じてうれしくなります。
卒業生のホームページや連絡先は当方のホームページ
「工房から独立した弟子たち」からアクセスできます。
  1. 2010/05/04(火) 08:38:20|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮崎空港展

昨日から22日まで、宮崎空港での「宮崎県くらしの工芸展」に親子で参加しています
写真の左下が矢澤ファミリーのブースです
写っているのは娘の菜美子でシルバーアクセサリーを作っています
手前が私の作品で、奥が息子・良平の作品です

矢澤良平 http://ryohei.jp/
娘のウェブサイトは制作中ですが、ミクシーで沢山の作品を見ることが出来ます。
矢澤菜美子でプロフィール検索、2人出ますが、猫の写真の方です・・
ミクシー未加入の場合はご招待致します

昨日は空港に芸能人が何人か現れ、大騒ぎがありました
笑っていいともで「ビヨンセ」のまねをする人とか・・
大助花子さんとか
大助さんは良平のロッキングチェアーに座って
「匠の技だ-」と大声を上げたとか・・・

実はシーガイアのコンベンションホールで
吉本喜劇から45人の芸人が集まり昨日今日と2日間
大きな催しがあるらしいです

というわけで、今晩は、大阪に帰る芸人集団で
また空港は騒がしくなることでしょう
わたしもカメラを持って行きます・・・airport show


  1. 2010/03/14(日) 07:39:13|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新作の仏壇セット

私の展示会で、最近仏壇に関心を持つ方が多くなったような気がします
お客様のご要望にお応えして、従来の仏壇(大、中、小)のすべてを乗せられる「置き台」を作ってみました
写真は中型の仏壇を乗せたところです
仏壇置き台は座式のため、大変安定感のある姿になります
内部にLEDランプの照明も付けてみました

今後、各地の展示会に出品する計画ですのでご覧くださると幸いですbutudan.jpg




  1. 2010/03/09(火) 21:46:23|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての一門展

佐賀の村岡屋ギャラリーでの、初めての「一門展」が終わりました。
20何年前に独立した人から、ほんの昨年独立した人まで、
多様な弟子たちの作品を見ることが出来、
作品を通して弟子たちの近況を知ることも出来ました。
企画していただいた「十指」さんには心から感謝申し上げます。

いつかまた、今度は100坪位の大きな会場で、全員が集まれて、
にぎやかな一門展が出来たらいいなー、と思っています

それが出来るように
各自が「愛される作品」を作る努力を続けて欲しいと思います。
私も、来年は年金を頂く年ですが、
若い者に負けないよう、もう一がんばりすることを誓います!!
iriguti.jpg
3.jpg
  1. 2010/02/23(火) 13:29:59|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福山展のお知らせ

広島県の福山駅前の天満屋デパート美術画廊で展示会をやっています。
初めて息子も作品を2点出しています。
シルバーアクセをやっている娘も、小引き出しのつまみをシルバーで作ってくれましたので、プチ親子展ですね・・・

画廊には日曜日1日だけ立ち会います。
お近くの方は是非新作をごらんになってください。
お待ちしております。
  1. 2009/08/21(金) 18:51:52|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大きな欅の一枚板!

keyaki.jpg

大きな欅の一枚板です。
最大幅1.2m 長さ2.3m・・・
これでダイニングテーブルを作りました。
注文を頂いてから探した板ですが
まだこんな立派な欅の板があるところにはあるのですね・・・

バブル時代にはすごい値段がついていましたが
最近では手頃な値段に落ち着いています
それでもこの写真のような、素直で美しく欠点のない板は珍しいので、それなりに高値です。
多少曲がりがあったり、割れ止めの千切りが1,2カ所入った板ですと
半値位で手に入ります。

展示会では千切りが入った作品は並べませんので、
難有り材のテーブルは、板の写真を見ていただいてからお作りする、注文制作になります。

家にも5枚矧ぎのダイニングテーブルがあるのですが
こんなきれいな一枚板のテーブルは自分でも欲しいです
きっと部屋が見違えることでしょう・・・
  1. 2009/08/21(金) 10:21:42|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特注品・コーナー食器棚

coner cupboard
部屋の隅に置く、三角形の食器棚ですが、実はコーナー食器棚は初めて制作しました。
三角形の構造は、木の伸縮をどう逃がすか、という点で難しい問題があり、いままで制作を避けてきました。
今回、特注制作の依頼を受け、とことん伸縮の問題を検討した結果、
非常に手間がかかり、技術的にも困難だが、不可能ではないという結論が出て、制作に挑戦しました。

四角い普通の食器棚ですと、板で作る場合、本体の側板と食器棚の中の棚板は木の繊維方向が同じで、伸縮も同じ方向に起きます。従って側板と棚板との間でズレはほとんど発生せず、室内の湿度変化に順応し問題を起こしません。

しかし三角形の食器棚の場合、側板と棚板とは伸縮の方向が45度違っているため、見かけの伸縮率が、側板の方が√2倍棚板より大きくなる、というやっかいな問題が発生します。これを無視して制作すると室内が乾燥する冬場に食器棚の側板が割れる可能性が出てきます。

今回これを解消する良い方法を見つけたため、制作に成功したというわけでした。

三角形の家具はすべて同じ問題を抱えている訳ですが、家具メーカーでは、伸縮の起きない「合板」を使うことでこの問題を回避しています。 無垢の木材で家具を作ることにこだわるため、一見なんでもない制作でも、実は技術的に難しく、面白い問題に取り組むことが出来ます。 
今後も更に難しい注文を歓迎いたします。
  1. 2009/08/21(金) 08:40:42|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小物を制作しました

最近の経済事情にあわせて小物に力を入れてみました。

大きな家具ばかり作っていると、端材が貯まってくるのですが
この端材というのが扱いがやっかいなのです
小物を作ればいいじゃないか、と言われますが
小物といえど、端材から作るより、2mのちゃんとした材から作った方が制作時間が短く
結果的に価格も安く設定できることが多いのです。


今回は貯まりにたまった端材の整理を大きな目標に掲げましたので、採算は度外視してます
今後行われるデパートなどでの展示会ではこれらの小物が並ぶと思います。画像は工房の展示館です。
小さな引き出しは、ジュエリー制作をしている娘との合作です。引き出しの銀のつまみを作ってくれました。
小物展2
小物展
小物展3
  1. 2009/04/27(月) 08:06:49|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

宮崎空港で「暮らしの工芸展」開催中

暮らしの工芸展
宮崎空港の広場で「暮らしの工芸展が開催されています」参加を依頼されて息子と一緒に出品しています。なお空港には携帯用のライブカメラが設置されてて、ちょうど私たちのブースが携帯からライブで見られるようです。

携帯からのライブビューアクセスは
http://www.miyazaki-airport.co.jp/i/index.htm
パソコンからは見られません。 
  1. 2009/03/14(土) 14:05:05|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杉花粉の放出

sugi.jpg
工房は小高い丘の上にあるので気温が低く、例年杉花粉の放出は遅い。
今朝、雄花の様子を見ましたら、蜜の入ったリンゴのように黄色く熟して
今にも爆発しそうです・・・

このところ小雨が続いたので、もし今日晴れ上がると、松ぼっくりのように雄花が開いて
一斉に花粉を放出することでしょう・・・

この雄花、中にはびっしり花粉が詰まっています。この時期になると雄花に軽く触れるだけで黄色い花粉が出てきます。花粉はベビーパウダーのようにきめが細かく、手に付けるとすべすべになります。
いかに粒子が小さいかが分かります。この花粉の粒子、顕微鏡で見るとドリアンや金平糖のようなとげとげがいっぱい。いかにも痒そうな形です。kafun.jpg


さて、この杉花粉、日本の営林計画の破綻の結果生じた物なので、公害と言うべきでしょう。
杉を植えるだけ植えて手入れをせず、伐採もせず、放置したために、杉の高齢化、過密化が進み、
杉は自らの生存の危機を察して、次の子孫を残すべく大量の花粉を放出しているというシナリオです。

ではこの公害をどう対処すべきか・・・
可能性として
?花粉が出なくなる散布薬の開発・・・・
?植林杉を縦横1列おきに伐採し、数を1/4に減らす。これにより、単純計算で花粉量は1/4になるし、残った杉も日当たりが良くなり成長するため花粉量が減ると期待できる。
?杉材からエタノール(バイオエタノール)を摂る技術の実用化を進める。
 にっくき花粉杉が酒?に化ければ恨みも減るかも・・・
宮崎名産「杉焼酎」!
?個人が所有する杉山に対し、杉花粉税を新設する。
 ただし杉の50%間伐をした者は免除する。

花粉症患者のうさ晴らしでした・・・・



  1. 2009/03/01(日) 09:54:07|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悩ましきE-TAX・・・・

経費削減の必要から、税の申告をEーTAXでやってみようと思いたちました。

役場でE-TAXに必要な住基票を作り、ネットでカードリーダーを買い、電子証明を申請し、e-TAX開始の申し込みをしました。
本になったマニュアルが無いため、パソコン上のマニュアルを全部プリントアウトしました。
既にイータックス関係の手順書マニュアルだけで厚み1cmもあります・・・

E-TAXは申請書を作るソフトではなくただ送るだけのソフトです。
申請書作りには別のソフトが必要です。
そのマニュアルもまた分厚いんでしょうね・・・

つまり、まず申請する内容を手書で下書きして、
それをマニュアルに従って間違わずに入力し、
またマニュアルを見ながら、税務署に送る・・・
途中で間違えたら又一からやり直し、と言うことにもなります

やり直しが1回や2回なら我慢できそうですが
何しろ申告書は決算書、消費税、所得税の3種類ありますから
それぞれ2回ずつやり直したとして・・・・・
あーー気の遠くなるほど時間がかりそうです
申請は2月16日からですが、いまからどうしようかと悩むところです

従来通り書類に手書きして
会計ソフトの決算書や消費税申告書を添付して郵送すれば簡単に済むことですが
このe-TAXではそう簡単ではありません

この困難さが面白い、ということだけが取り柄ですね・・・
ほかにこれはと言ったメリットは見つかりません
でも、このシステムきっと近いうちに全面的に変更になるはずです
分かりにくい現在のシステムでは利用する人は増えないと思われるからです
イータックスなのか、悪いタックスなのかよく分かりません・・・





  1. 2009/01/28(水) 16:43:03|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本的住宅とは

日本人と住宅
最近の住宅は高気密化、高断熱化の傾向にある。冬の寒さ対策には結構なことだが、夏場には息苦しさを感じる。換気はされているので酸素濃度がそれほど下がるわけではないが、高断熱上窓が小さくなるために感覚的に閉塞感を伴う。日本の住宅の目指すところは南極基地や宇宙ステーションのような完全機密型なんだろうか?

日本の伝統的な家には縁側がある。元々はガラス戸のない、雨戸と障子だけの構造だが、夏場には涼しい風が通り、冬場でも風さえなければ、ぽかぽかと暖かい日差しが差し込む。
この四季を感じる、自然と一体感のある伝統的日本住宅の良さを取り入れた全解放ガラス戸タイプの住宅というのがある。南極基地型住宅とは対極にあるといえよう。
この住宅の欠点はガラス戸からの熱損失だが、複層ガラスや真空サッシでかなり改善はされている。熱損失を完全には防げないが、得られる開放感はその欠点を補ってもあまりある。

ヨーロッパの住宅は伝統的に石作りのため、窓が横方向に大きく取れない、という制約があるが、彼らとて開放的な住環境を望まないわけではない。彼らがもともとは開放的な人種であることは食事やパーティを庭に出てするのが好きなことからも分かる。単に環境が厳しいためにああいう閉塞的な家に住まざるを得ないのだ。フランスなどでは窓の面積で税金が決められると聞かされたが、税金逃れのために窓を小さくしている家もあるかもしれない。

さて、エコロジーの観点から、南極基地型高気密住宅と、タヒチのリゾートに代表される開放型の住宅とどちらが地球に優しい住宅といえるのか?

タヒチ型の方がエネルギー消費量が少ないのは明らかだが、住宅の設計は、その地域がどの程度の寒さか、で決まるのだと思う。極寒の南極では高気密施設以外は考えられないし、タヒチには開放型の住宅の方が快適だ。

ところが日本は南極でもなければタヒチでもないので、結局は日本型の快適な独自の住宅というものを求めていかなければならなくなる。
結論は各自の好みに従うしかないが、私の場合は高気密でありながら全解放も出来る、高断熱の大型窓付き住宅ということになる。
唯一の課題である、窓から熱放射を99%防ぐ、赤外線反射ガラスコーティングもきっと日本の技術が可能にしてくれることだろう。
  1. 2009/01/18(日) 08:24:08|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!

今年の抱負・・・・・・・「前進」あるのみ

昨年度はちょっと後ろ向きな1年でした。
今年は前進したいですね
新作作りも、在庫になるかもしれない・・・
なんて心配をしないで作りたい物を作ってしまうつもりです

どうぞ今年もよろしくお願いいたします



  1. 2009/01/02(金) 07:46:02|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真夜中のチャイム

深夜にトイレに立った。時計を見ると2時近い。
と、その時、玄関のチャイムが鳴ったような気がした。
まさか真夜中に訪問者があるわけがない・・・・
風がチャイムを鳴らした?犬が立ち上がって押した?接触不良?・・・・

玄関に行ってみたが外に人のいる気配がない
やはり気のせいか・・・・
で、布団に潜り込むと、またピンポーンと1回鳴った・・・・
やはり誰か来ている・・・・・
緊張して、玄関に立ち、ドア越しに
「どなたですか?」と質問した
「良平です・・・ロッキングチェアーが完成しました・・・・」

押し込み強盗ではなかった(安堵)
近々京都の「ギャラリーやまと」で行われる初の「親子展」のために
深夜までかかって作品の一つを完成させたが、車のキーを母家のテーブルに置き忘れたとのこと。

キーには息子の家の鍵も付いているし、確かにそれがないと夜中の2時に嫁さんを起こすことになる。
しかし、ピンポーン、だけじゃなく一声掛けてくれよ
真夜中のチャイムは怖いよ・・・
  1. 2008/11/17(月) 08:07:14|
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。