金太郎と美子のつぶやき

全国にたくさんのファンを持ち、オリジナル組手の分野では世界的に注目されている木工作家、矢澤金太郎と妻美子が、木工生活、田舎生活のなかでのつぶやきをご披露します。作品紹介サイトは kintarosan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原発やめて水力発電を

我々が得られるエネルギーには、石油、石炭、天然ガス、薪になる樹木、水力発電の雨水、ウラン鉱石、風、太陽光等があるが、全てその源は太陽エネルギーだ。

どれも電気を起こす原料になりうるが、電気というものの最大の欠点は大量の貯蔵が難しいことにある。
風力発電や太陽光発電も悪くはないが、風力は風が止んだらだめだし、太陽光は夜には発電できない。
発電できない間のために電気を貯蔵することが必要になるが、水力発電以外ではどれも電力の貯蔵が難しい。
水力発電では、余剰電力はポンプを回して水を貯水湖に戻す(揚水する)ことで、電力の保存と同じ意味を持つ。

高所にある水の位置エネルギーを電気エネルギーに変換するこの発電方法、炭酸ガスも出さなければ、余剰電力の保存が出来るため、日本にあっては理想的な発電方法と言えよう。唯一の欠点は発電場所が消費地から遠いと言うことだけだ。そのことが敬遠される原因の1つになっていると思うが、安全性とトータルなランニングコストの安さは充分原発に対抗できる。

水は低きに流れるというが、単に川が流れているという状態は、水が下流に落ちるエネルギーを浪費していることを意味する。

 地震の大津波で知ったように、水の持つエネルギーはとてつもなく大きい。しかし、その大きな力を利用することは、おなじ大きな力の原子力と比べてはるかに安全だ。 安全性こそが原子力との決定的な違いだと思う。

現実的にダムを造るとなると、湖底に沈む集落がでてくるためそう簡単ではないが、もし私の家が沈むべき場所にあるのなら、私は原発反対の立場から自分の家を立ちのこうと思う。犠牲無くしては水力発電は成立しない。こんご水力発電所建設が増えれば湖底に沈むことになる集落も増えるが、犠牲強いられる方々へは特別に手厚い対策を講じて、だれもが希望を持って土地屋敷を提供出来る好条件を準備して欲しいと思う。

 日本では原油の埋蔵はまだ見つかってないが、しょせん原油やウランはいずれ使い尽くされてしまう物だ。
その点、天から降る雨こそは、太陽からの尽きることのない清らかなる恵みのエネルギーだと思う。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/04(日) 15:43:49|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NASAへ行ってきました!

先月いただいた秋休みに、念願のNASAを見学してきました!
写真はサターンロケット
でかいです!
NASA

管制室はアポロ11号月面着陸や13号の奇跡の帰還に使われた部屋です。。
今は国有財産として厳重に管理されています。
撮影位置には当時の大統領が座って見学していたとのこと。
NASA1.jpg

野口さんの姿も見えました!!
NASA2.jpg

敷地内には多くの犠牲者の墓(樹木)があった。野口さんも半年後に6ヶ月もの長期滞在をするとか、
無事を祈らずにいられない・・・
  1. 2009/10/06(火) 17:13:41|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミラノ旅行 後記: 美子記

いやぁ、よく食べた。
6連泊したホテルの朝食が豪華で、ついつい手が伸びて困った。
ハムやチーズ、野菜のたぐいは、いろとりどりとはいえある程度我慢できるのだけれど、
朝からフルーツタルトやチョコレートケーキがホールでどんと置いてあるのを通り過ぎることはできずに
毎日食べる羽目に陥った。
ああそれなのにイタリアの街角にはおいしそうなアイスクリームのお店がいっぱいある。
人気のあるようなところでは「うーんこれを見逃すと一生悔いが残るかもしれない」という気になって
一日二回も食べることになったりして。

最近はパック旅行が多かったんだけれど、今回は個人旅行だったので外での食事もおいしかった。
写真はミラノ風カツレツとサフランのリゾット、豆の炊いたの。
パスタやピザももちろんいろいろ食べた。

で帰国して体重を量ったら、3キロ増しかと思いきや
1キロ増しで済んでほっとしたところだ。
旅行中は毎日17,000~18,000歩、歩いたからだろう。
運動嫌いの私にはいい教訓だけれど、それがねぇ。
途端に運動不足の日常に戻っている。
やれやれ。
milano.jpg
  1. 2008/10/12(日) 21:22:21|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トルコに来ていまーす

先週初めから工房の春休みを利用して
トルコに来ています。
思ったより見所が多く、
食事もオリーブオイルを使った脂っこいものが多いですが、味はまあまあです。
アルコールが出ないレストランがあって、イスラムの国だなーと感じさせます。(金太郎)カッパドキア


インターネットの繋がらない田舎周りをしてイスタンブールに帰ってきました。
今日が最終日で市内観光です。
写真はカッパドキア。
私は予備知識もなく行ったのでびっくりしました。
それはゲゲゲの鬼太郎か天空のラピュタかというファンタジーの世界。
300万年かかって石灰岩が浸食されて出来たものだそうです。
世界遺産になるのは当然か。

更に世界遺産の地、トロイがとても良かった。
ブラピの映画「トロイ」の事を思い出しワクワクした。
それにしてもホメロスの叙事詩のイーリアスを信じて発掘したシュリーマンが
実際に遺跡を発見したときはどんな気持ちだったろう。
考えるだけで興奮してしまう。
発掘の仕方が乱暴で後世の考古学者達からはひんしゅくを買っているようだが
とにかく空想かとも思われたものを発見したのだからすごい。
あっ、出発の時間だ。
この辺で。(美子)







  1. 2008/06/02(月) 14:41:05|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白骨温泉

白骨温泉は30年前とはかなり違っていました。
まず道路の側を流れていた、利用されていないと思われる
真っ白い温泉水がまったく見られなくなっていました。

泊まった笹屋旅館は比較的新しく、
温泉量がかなり少ないです(写真参照)
お湯も高温泉ではなく35度くらいの
低温泉のため、加温しています。

つまり、白骨温泉は大型の旅館が沢山建ったために源泉不足にある
と言うことだと思います。

温泉量は少なくても質はいいですね。
十分満足行く泉質でした。

木製の湯船は厚み3cm位石灰が付着し、
写真の湯口も石灰の造形で雰囲気があります。
バスが1日2便しかなく、交通の便がかなり悪いのが難点か・・?
バスも切り返しをしないと曲がりきれないほど道路が狭いです。
ガードレールの無いところが多く、
脱輪したら100m下の激流に転落です

通年営業ですので、冬に行くと良いと思います。
料理も地元の食材を使った物で満足でした。

sirahone.jpg

  1. 2007/05/25(金) 15:18:17|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

明神池

今日は大正池と明神池に行って来ました。合計14km歩いたことになり、よしこさん、ちょっと自信をつけた感じです。この分なら徳沢まで行けるかな?と思っていましたら、明神の帰り、前を歩くお年寄り、
なんと82才とのこと。
「お若いから(歩くの)早いわね」と言われてしまいました。

確かにこのご老人から見れば美子さんは23才若いんです。
美子さんより23才若い人は36才ですね・・・36才は若い。
つまり、美子さんも見る人から見れば、
まだまだ、すごく若いということですね・・・
こう考えると、トレーニングをつめば、
徳沢どころか、涸沢にだって登れるかも・・・!?

明神池は明神神社が管理しているのか、有料でした!??
あの82才のおばあさんは明神様か・・・?
御利益と感じた次第です。
明神池はさすがに水が澄んでいます。
40年前と全く変わっていません。
違うところは外来種の鱒(マス)が泳いでいることです。
イワナと間違えますね。岩魚と違って妙に人なつこいです。
写真にもちょっと写っています。

明日は白骨温泉です
myoujin.jpg

  1. 2007/05/23(水) 19:59:01|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

上高地だぞー;美子

ホテルの隅っこには雪の山が残っている。
ちょっとある桜の花が満開だ。
若葉の季節にはちょっと早かったな。
梓川から望む穂高は雪をかぶっている。
穂高の印象。
美しいけれどけわしく、いかついその姿は
私を拒絶するように見える。
私があの頂に立つことは一生無いな。
おまえなんか無理、無理と言われてるみたいで
ちょっと寂しい感じがしたかな。

草花の名前をいくつか覚えた。
ニリンソウ、シロエンレイソウ。
野の花はやっぱりやさしいよ。

あこがれの帝国ホテルはやっぱり格式を感じる。
歴史があるってこういうことかなぁ。
働く人も誇り高い。
料理もおいしい。
インターネットなんて言葉持ち出したらひんしゅく買うかなぁとおもいつつ
万が一と思って聞いたらなんと光ファイバーが来ていた。
さすが・・・。

水道の水が冷たいぞー。上高地1

  1. 2007/05/22(火) 19:49:17|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新しい壁紙

気分転換に壁紙を新しくしました。ベルギーでの朝食の写真です。
結構幸せな気持ちにさせてくれます(^_^;)
ベルギーでの朝食

  1. 2007/01/25(木) 16:28:14|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰国中です

早いものでもう帰りの飛行機の中です。
今回のベルギー旅行を振り返りますと、準備不足でベルギーの良さがよく分からなかった感があります。
まず良かった点ですが
1.どこへ行っても街が美しい。
2.さすがEUの本部があるだけあって概して人が親切
3.裕福な人が多い(貧富の差はあるようですが・・)
4.食べ物、飲み物が美味しい

良くなかった点は
1.小さなパリ、小さなロンドン、小さなライプッチヒ
が混じった感じで、独自のものがよく分からなかった。
2.食べ物が脂っこい
3.ホテルの朝食に豆腐があったけど、しょう油がなかったので、塩をかけて食べた・・・
写真はブリュージュの運河(岸辺のレストランで思い出ディナーをとった) 20061027023317.jpg

  1. 2006/10/27(金) 02:33:37|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルギーという国

私たちは忙しすぎて、海外旅行に行くと言っても、出かける直前にバタバタとパッキングをするだけで、旅行の前の準備の楽しみというものを知らない。それはとても損で、残念なことだと思っているのだけれど。
だからベルギーに旅行をするといってもガイドブックを読むこともなく、予備知識が全くなくて、ベルギーの方には「すみません」というか、途中で出会った日本人と話していても私たちの無知が恥ずかしいばかりである。
ベルギーがチョコレートの国で「GODIVA」がベルギーのものだなんて知らなかった。でもGODIVAは日本にたくさんあるから、今はおみやげとして買って帰るのにいいのは「ピエール・マルコリーニ」ってブランドがいいらしい。

EU本部も、NATOの本部も首都ブリュッセルにあって、国際都市だ。歴史的にフランス語、オランダ語、ドイツ語が使われ、英語教育も行き届いているから、さもありなんと思う。この国はある時はフランスに攻められ、ある時はドイツに攻められ、2000年間も戦争が絶えなかったそうだが、EUが出来たことによってそれに終止符が打たれたことがもっとも有意義な事だと聞いた。EUは解決しなければならない問題が山積しているようだが、頑張って欲しいと思う。
  1. 2006/10/25(水) 01:33:53|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

びっくりトイレ

ゲントという町で昼食を取りました。食後にトイレを済ませてっと・・・ありゃ?なんか変なトイレ・・・中が見えます。中にはいるにはちょっと勇気がいります・・・。
中に入って鍵をするとガラスが曇って中から外が見えなくなります。外からも中が見えないかどうかは中にいる人には分かりませんね。接触不良で曇りが突然消えることもあり得るわけで、利用者に余計な心配を強います。
20061024162354.jpg

  1. 2006/10/24(火) 16:24:13|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地ビール

ベルギーの地ビール。おいしそうだけど、一気にのどごしを楽しむビールではありません。ちびちび味わうのだそうですが、・・・日本の生の方がスカッとして好きです。20061024162249.jpg

  1. 2006/10/24(火) 16:22:59|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

散々な一日

昨日は散々な一日でした。というのは、冬のような寒さの中、午前中は徒歩での半日市内観光。午後はクリスチャンと思われるガイドさんが、王立博物館内の宗教絵画の前でキリスト教の教えを説教。。。。疲れ果ててホテルに戻りましたが、夕食はホテルから15分位歩かなければならないレストランで、自分で地図を見て行かなければならないとのこと。タクシーが無い町なので夕食を辞退。結局ホテルでクラブハウスサンド1人前を二人で分け合って飢えをしのぎました。。。一緒にビールを頼みましたが、軽いビールで一気にぐいぐい飲んで、あーー気持ちいい! 食後、部屋に帰ってなんかおかしい・・・
鏡を見ても、普通赤くなるはずの目も顔も普通のまま。しまった!あれはノンアルコールビールだった!!それにしては結構美味しかった。どうも僕はビールの味が分からないらしい。20061023132537.jpg

  1. 2006/10/23(月) 13:25:50|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町角

ブリュッセルに着いてロイヤルウインザーホテルに泊まりました。ツインを頼んでいたはずが、部屋はダブルベッド1つ。クレームを言ったら、ツインは満室なので別の部屋で補助ベッドを設置しますとのこと。今度の部屋は最上階。エレベーターの表示では最上階は「ロイヤルスイートルーム」の階。部屋に入ってびっくり。超豪華な「プリティーウーマン」スイートでした!そんな幸運に出くわした理由が後で分かりました。初日はアメリカの団体、次の日はJTBの団体で全館満室状態だったのです。
写真は世界一小さな町とかの小さなレストラン
20061022154406.jpg

  1. 2006/10/22(日) 15:45:29|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デザート

ブリュッセルの郊外で昼食。食事は「マス」が1匹丸ごと。味はまあまあ。ビールは地ビールでしたが瓶ビールでした・・・。デザートは写真のアイスクリームにカスタードが乗って、熱いチョコレートソースをかけるというこっりしたもの。半分でギブアップ。20061022153903.jpg

  1. 2006/10/22(日) 15:42:38|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コペンハーゲン空港

コペンハーゲンの空港は、さすがデザイン王国だけあって洗練されています。デンマークのデザインはいうなれば「大がかりな工業デザイン」であって、「手作り」の方向とはちょっと違う感じがします。
20061022153150.jpg

  1. 2006/10/22(日) 15:41:32|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルギーに行って来ます!

来週は一週間工房の休暇ですが、私たちは今日の午後から旅行に出かけます。行き先はベルギーです。個人旅行なのにまだ何にも準備をしてません。宮崎空港に着いたら旅行書を読んでみようと思っています。個人旅行といっても、ベルギートラベルセンターという旅行社の個人旅行企画ですので安心です。旅行中、メールが見れないかもしれません。
  1. 2006/10/19(木) 08:31:09|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セブ島後日談 by 美子

セブ島行きは、「下痢」という英語をマスターした記念すべき旅行となった。

帰国後、金太郎さんが私よりずっと軽いけれど、似たような症状が出たから、あれはやっぱり水か何かに当たったのかもしれない。

それにしてもあんなにひどひ下痢は初めてだ。トイレットペーパー4個使ったのはほんとうであるが、実は1個分が日本のトイレットペーパーの3分の1くらいの量しかない。トイレットペーパーがどんどん無くなっていくときの恐怖!こんな夜中に「トイレットペーパーを下さい」なんて希望を聞いてもらえるもんだろうか・・・苦しみながらそんな不安とも闘った。でも「いいですよ~」って明るい返事がもらえたときの安堵感。やっぱりサービス業はこうでなくちゃねぇ。

今回すごかったのは、多分胃液がそのまま出てきたんだと思う・・・出口のあたりがカミソリで削がれるみたいに痛かったこと。硫酸とかぶっかけられたら、あれのもっと痛いやつなんだろうか。

翌日「下痢止めを下さい」と言ったら、なんとお医者さんが部屋まで薬を持ってきてくれた。握手をして、食べていいもの、食べちゃいけないもののリストをもらって、ちょっと感激。だって心細かったんだもの。まぁ、終わればおもしろい経験をしたよなと、旅の思い出になった。
  1. 2006/07/16(日) 18:41:15|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セブでの一こま

セブ島での一こまです。yoshikowithcoco.jpg

  1. 2006/07/06(木) 11:43:37|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

人生

ホテルの部屋の前に椰子みたいな木が立っています。一番上(中心部))は若葉で、葉も広げずにピンとまっすぐに立っています。その外側が若々しい葉をいっぱいに広げた青年期のような葉。その外側は葉の先端が少し痛んでますが、中央の若葉をしっかりと支えるように見える葉です。一番外側の葉は枯れてはいませんが、満身創痍といった老兵士のように見えます。
美子さんに聞いてみました。
K「自分はどの葉だと思う?」
Y「真ん中から2番目の葉だよ」
それは私が青年の葉と思った葉です。
なるほど、彼女の現在の生き方がよく分かります
私自身は3番目の葉かなーー って思ってました。
2番目と3番目ではえらい違いです・・・・
このギャップは放っておけません。
この際私が意識改革をすべきでしょう・・
ココナッツ ツリー

ココナッツ ツリー

  1. 2006/07/06(木) 11:16:12|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

じみーこつこつ

Author:じみーこつこつ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。